両国で腰痛で整形外科を受診する

腰痛で悩んでいるときには両国の整形外科を受診して、MRIという画像診断装置で腰の骨の状況(骨の歪みや椎間板の状態など)をしっかりと診断してもらうことが大切です。

レントゲン撮影をしてもらい骨の歪みの状況などを確認したりして、痛みの原因をはっきりさせて適切な治療を受けることが出来ます。

腰の付近の筋肉の疲労や炎症だと両国の整形外科の治療だと冷感湿布で患部の熱を取り炎症を抑えたり、椎間板ヘルニアの症状だと温めて血行を改善したり痛みがなくなってきたときはけん引などの治療を行ないます。けん引は痛みがあるときや痛みがなくなっても急に強い力で引っ張ると逆に悪化することもあるのでこれも医師の指導によって行う必要があります。



痛みがあるときは無理をしないほうが良く、重いものや無理な姿勢、走ったり飛んだりなど腰部の骨の圧迫や筋肉に負担がかかる行動は控えたほうが良いです。



痛みがしっかりと取れてきたら軽い運動から少しずつ行っていきます。そのため両国で病院を選ぶときには医師や医院の選択を間違ってしまうと改善するどころか、悪化する可能性もあります。
早く適切な治療を受けることで早く回復もします。


出来れば自宅から近い場所にあってリハビリ施設などもきちんとしているのが理想的です。レントゲン撮影をして問題がないときは電気やけん引、ホットパックなどで治療を行なうため週に2回から3回通うことになります。


ただ、評判が良いからといって整形外科を選ぶのではなく自分にあった病院を選択することが早い回復にもつながります。