両国の整形外科で行う治療や手術とは

両国地区には整形外科も多数ありますが、ここでは医師による診察や検査や治療を行っていて治療も薬物療法や理学療法、運動療法やブロック注射、手術療法や日常生活の指導など幅広くあります。

基本的には健康保険が適用されるので費用も抑えられますし、痛みなどの原因が不明なときや安静にしていても痛んだり、患部によるしびれや麻痺、排尿などで異常が出るときなど気になる症状があるときは早めに受診をしたほうが良いです。

両国の整形外科は運動期間を構成している骨や軟骨、じん帯や神経などの病気や外傷を診る専門科なため、痛みなどの原因が内科的疾患からきていたり、心因性のものと診断をしたときは内科や心療内科、精神科と連携して治療をします。

症状によっては手術を検討することもあります。



直ぐに手術を検討することはかなり少ないですが、両国の整形外科で医師から勧められるときはかなりの重症と考えたほうが良いです。

例えば腰痛などで急に下肢の筋力低下や、排尿などで障害が起きたとき、脊椎の脱臼や感染で化膿性疾患で抗菌剤が効かないときには手術が検討されます。

ただとても痛いだけだと必ず行うわけではありません。


手術を検討するときは、最低でも1ヶ月から2ヶ月間十分に保存療法を行ってから、それで治療効果が出なくて医師に手術を受けたいと伝えてそれを医師が承諾したときです。

痛みや痺れが酷い、日常生活が難しい場合や長くあることも出以内など苦しい症状がある場合が多いです。
また、このような症状があっても患者が希望しないときは手術は行いませんし、希望しても昔から麻痺があって改善が見込めないときや全身状態が良くないときはしないこともあります。



受けるときには自分がこれからどんな状態になりたいかが重要になってきます。
スポーツなどが出来たり、日常生活に支障が出ない状態など医師と相談しながら決める必要があります。